会社説明

ルイス・レンナー社は南ドイツのミュンヘンの会社です。 生産はドイツにある3カ所の工場とルーマニアのトランシルヴァニアの工場の計4カ所で 行われています。

当初、本社工場は1948年にドイツのダッハウにオープンし、現在は第2工場と呼ばれてい ます。 現在、追加スペースと管理が集中している新しい第1工場は、元の施設から10キロ離れた ベルキルヘンにあり、第3工場はメインの工場から約15キロ離れたAltomünsterにありま す。また2014年にはルーマニアのトランシルヴァニアにて新たな施設が開設されました。

ルイス·レンナー社は、主にエレクトロニクス産業へのサプライヤーとして仕事をしており 製品の80 % は電気接点です。このうち、約60 %が輸出されています。

生産と研究開発

生産が開始された1948年には同社は小さなディスクやコンタクトリベットのような形 状のタングステンコンタクトを製造していましたが、これらは今も主に自動車産業で使用 されています。 1956年にはタングステン銅とタングステン銀複合材の生産が開始され、続く2年の間 に他の多くの複合金属が弊社の生産プログラムに取り入れられました。真空中で用いられ る接点材料は、1983年から生産されており、大半は 銅クロム、銀タングステンカーバイ ドおよび銅タングステンです。他の製品は、重金属や純タングステンあるいは純モリブデ ンの半製品です。

ルイス・レンナー社における製造は、粉末金属工学の分野で最先端に位置する機器で行わ れます。生産設備の開発と拡張には年々多大な投資が行われます。当社の研究開発部門に は、スイッチング技術分野で永年にわたり仕事をし、専門知識を持ったエンジニアや優秀 な人材が配属されており、その研究活動の結果としていくつかの優れた特許を得ています。

販売または技術上およびビジネスにおけるご質問・お問い合わせなどがございましたら、 営業チーム、技術部門あるいは海外代表事務所までご連絡ください

ガダ  ベルクキルヒェン工場

ガダ ベルクキルヒェン工場

ダッハウ工場

ダッハウ工場

アルトミュンスター工場

アルトミュンスター工場

Medisch factory

Medisch factory