品質

ルイス·レンナー社はすでに1984年に最初の品質保証ガイドラインを導入いたしました。 1993年3月にはこのガイドラインは更新され、それと同時に同社は独立機関の認定を受 け、このマニュアルのガイドラインに従って現在まで世界基準の品質を維持してきました。

ルイス・レンナー社の品質保証システムはDIN EN ISO 9001:2008 を基本にしています。 この作業は以下の原則に従って行われます。

  • 顧客の最大の満足
  • 欠陥ゼロを目標とする
  • 失敗およびその原因の根絶
  • 製品品質向上の義務化
  • 経済的かつ持続的な原材料と資源の活用
  • 関連企業への同様の要望

以上は弊社の持つ金属工学並びに金属加工の革新的キーテクノロジーを投入することによ り、実現されるのです。そうすることで発生したエラーの改善のみではなく潜在的なエラー を回避することに、より注目しています、なぜなら品質は生産現場で作り出されるのであっ て、多くの検査により創造されるのではないからです。

グローバルマーケットにおける競合力は生産品質と納期順守により得られます。品質とは、 製品ではなく顧客が戻ってくることです。

Quality Management Certificate - DIN EN ISO 9001:2008 SC Electrometalurgy SRL Quality Management Certificate - DIN EN ISO 9001:2015